初めて不動産売却をする場合は悪徳不動産業者に気を付けること!

不動産売却で「最も気を付けたいこと」と言えば何かご存じですか? いくつもありますが、特筆したいのは悪徳不動産業者に引っかからないように自己防衛をするということ。 自分の身は自分で守るということは、中々難しいところではありますが、不動産売却という性質上「絶対に引っかかっていけない」ものです。

だからこそ、今回は、この悪徳不動産業者から身を守る術をテーマにお話を進めていきたいと思った次第。

残念なことではありますが、何処の業界にも、このような悪徳業者は存在するため、気を付けなければなりません。

不動産売却の場合、被害に遭ってしまうと、取り返しの付かないほどの大きなダメージを被ってしまう場合もあります。

ということで、早速ではありますが、以下より、その自己防衛術を紹介していきたいと思います。 不動産業者の比較を行う場合は、必ずチェックするようにしておきましょう。

■査定時などに免許を提示してもらうこと

真っ先にチェックしたいのは、宅地建物取引業より発行される免許の提示をしてもらうことです。

公的な免許であり、不動産売却を担う方は、必ず取得しておかなければなりません。 これが提示できない場合は、警戒心を最大まで引き上げて、比較対象から外してしまうのもよいかと思います。

この免許の提示と共にチェックしておきたいのは、不動産売却実績を説明してもらうこと。

嘘であれば、必ず何処かに矛盾点が出てくるため、相手が嫌がるぐらい聴いてみるとよいでしょう。